« 午前三時のルースター | トップページ | 杉村太蔵氏 »

2005/09/26

宿命

東野圭吾の原点と評される作品。とりあえず読んでみたが、さすがに逸品だと思った。斜に構えてみれば「白夜行」みたいな「ありえないほどの関係」だらけ。それで冷めてしまう人はそれまでなのだろう。逆に言えばそれがこの作品の真骨頂なんだろうな。オレは好きだよ、こーゆーの。謎解きが好きなんじゃなくて、「こー繋げるかー!」みたいな驚き。

でもね、読後感は「悲しい」。泣けてくるのとは全く違う。実に悲しい物語だったです。

白夜行が好きな人はこれもイケるんじゃねーのかな。

#つーか最近書評サイトと化しているな・・・(ーー;

#イカンです。。。

|

« 午前三時のルースター | トップページ | 杉村太蔵氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120871/6134074

この記事へのトラックバック一覧です: 宿命:

« 午前三時のルースター | トップページ | 杉村太蔵氏 »